遺品整理 作業対応エリア

対応エリア
東京都 千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・福生市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・羽村市・あきる野市・西東京市・西多摩郡瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町
千葉県 旭市・ 我孫子市・ 天津小湊町・ 飯岡町・ 夷隅町・ 市川市・ 一宮町・ 市原市・ 印西市・ 印旛村・ 海上町・ 浦安市・大網白里町・大多喜町・ 大原町・ 小見川町・ 御宿町・ 柏市・ 勝浦市・ 鎌ケ谷市・ 鴨川市・ 木更津市・ 君津市・ 鋸南町・ 九十九里町・栗源町・神崎町・ 栄町・ 佐倉市・ 山武町・ 酒々井町・ 芝山町・ 下総町・ 白子町・ 白井市・ 袖ケ浦市・多古町・ 館山市・ 千倉町・ 銚子市・ 長生村・ 長南町・ 東金市・ 東庄町・ 富里市・ 長柄町・流山市・習志野市・ 成田市・ 成東町・ 匝瑳市・ 野田市・ 蓮沼村・ 干潟町・ 光町・ 富津市・ 船橋市・ 山武市・ 松戸市・ 南房総市・いすみ市・ 睦沢町・ 本埜村・ 茂原市・ 八街市・ 八千代市・ 山武郡横芝光町・ 四街道市・千葉市
埼玉県 川越市・熊谷市・川口市・行田市・秩父市・所沢市・飯能市・加須市・本庄市・東松山市・岩槻市・春日部市・狭山市・羽生市・鴻巣市・深谷市・上尾市・草加市・越谷市・蕨市・戸田市・入間市・鳩ヶ谷市・朝霞市・志木市・和光市・新座市・桶川市・久喜市・北本市・八潮市・富士見市・上福岡市・三郷市・蓮田市・坂戸市・幸手市・鶴ヶ島市・日高市・吉川市・北足立郡伊奈町・吹上町・ふじみ野市・三芳町・毛呂山町・越生町・比企郡滑川町・嵐山町・小川町・ときがわ町・川島町・吉見町・鳩山町・秩父郡横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・東秩父村・児玉郡美里町・神川町・上里町・大里郡寄居町・南埼玉郡宮代町・白岡市・杉戸町・さいたま市・大宮区・浦和区
神奈川県 愛川町・厚木市・綾瀬市・伊勢原市・海老名市・大磯町・大井町・小田原市・開成町・鎌倉市・清川村・座間市・寒川町・逗子市・茅ヶ崎市・中井町・二宮町・箱根町・秦野市・葉山町・平塚市・藤沢市・松田町・真鶴町・三浦市・南足柄市・山北町・大和市・湯河原町・横須賀市・横浜市・川崎市・相模原市
茨城県 神栖市、鹿嶋市、潮来市、行方市、阿見町、三浦町、稲敷市、牛久市、龍ヶ崎市、河内町、利根町、取手市、つくばみらい市、守谷市、つくば市、土浦市

地域特色

東京都
東京都 日本の首都であり、東京23区、多摩地域、島嶼部を管轄している。人口は約1300万人が住んでおり、47都道府県で最大の人口数である。元は江戸幕府があった江戸であり、徳川家康が作った都市である。
千代田区 1947年に麹町区と神田区が合併。千代田城にちなんで千代田区と命名される。東京のほぼ中央に位置していて、区の中心に皇居がある。お堀の外周は約5kmで、多くのマラソン愛好者が連日ランニングに訪れる。
中央区 東京の商業地として盛んな地域であり、日本橋、築地、銀座といった町がある。面積は小さく23区の中では2番目に小さい地域である。庄和10年から続く築地市場が2016年には江東区豊洲へ移動することが決まっている。
港区 企業が本社を最も多く構える区の一つであり、日本のビジネスの中心で、東京の中央に位置している。虎ノ門・新橋・芝・青山・赤坂のオフィス街は、経済活動が活発である。、六本木などの歓楽街、麻布・白金台などの住宅街、汐留・台場などの大規模開発地区があり、さまざまな表情をもっている。東宮御所・迎賓館(赤坂離宮)をはじめとして芝公園・白金台の自然教育園など緑地帯が豊富な自然環境である。大使館、外資系企業も多く立地し、外国人居住者も多く住む。 江戸時代は広大な武家屋敷と町人町が混在する街であった。
新宿区 東京都庁がある特別区であり、江戸時代より甲州街道、青梅街道の通り道があり宿場町として栄えた。新宿駅は一日の乗降客数が多いことでも知られる。日本でも有数の繁華街、歌舞伎町を有する一方明治神宮外苑、新宿御苑など緑の豊富な一面もあり大学や付属病院等が集積している。戦災被害の少なかった牛込地区は、都市再開発計画から外れ昔の風情を多く残している。近年大久保周辺には東南アジア系のエスニック料理店等が多くアジアンコミュニティを形成している。
文京区 文京区は、江戸の面影を残す史跡や文化遺産の多い、歴史的なまちであり、大学や多くの学校のある文教の地です。 また、小石川後楽園や六義園などの庭園や公園が多く存在し、落ち着いた雰囲気の緑豊かな都市環境を形成しています。
台東区 東京23区の北東寄りに位置し、東は隅田川に接し、対岸は墨田区である。東京で最も古い市街地のひとつで、浅草にある浅草寺は建立1400年の歴史となる。江戸時代は元禄文化が息づき、明治期からは美術館や博物館が建築され、東京芸術大学などアートの発信地ともなっている。関東大震災や第二次大戦にも焼け残った浅草橋界隈の問屋街などにはいまだ大正、昭和初期の街並みや風情が残る。上野駅は北関東・東北地方からの玄関口と知られ、新幹線も停車する。面積は23区の中で最も狭い。住宅地は一部で、供給量も少ない。ビルやマンションなど土地の高度利用が進んでいる。「美しい日本の歴史的風土100選」において、次世代に残す歴史的風土が、良好に保存されている事例の一つとして寛永寺・上野公園周辺、谷中の街並みが選ばれた。東京国立博物館国の重要文化財が多い区である。
墨田区 墨田区は、昭和22年、向島区と本所区が一つになって誕生しました。 そのときに、「墨田区」と名付けられました。それは、隅田川堤の通称“墨堤”の呼び名の「墨」からと、“隅田川”の名の「田」からの2字を選んで名付けられたものです。江戸時代に始まった両国川開き、花火大会、大相撲、向島百花園、早慶レガッタ復活、両国国技館、2012年(平成24年)5月 東京スカイツリー開業
江東区 江戸時代に埋め立てが始められた地域で、江戸の東端にあたり、深川地区には富岡八幡宮をはじめ神社仏閣が数多くある。内陸部は住宅地および工業地域として、亀戸には亀戸天神社、また錦糸町駅は遊興地域として発展してきた。明治27年、総武本線が両国まで開業し、昭和3年、東武亀戸線が開業、昭和42年、東西線が東陽町駅まで開業し、昭和44年、南砂町駅が開業。昭和53年、新宿線が開業、昭和63年、有楽町線が開業し、新木場駅が開業。平成2年、京葉線が東京駅まで開業し、越中島駅が開業。平成5年、レインボーブリッジ開通。平成7年、ゆりかもめが開業、平成8年、りんかい線が開業、東京テレポート駅が開業。平成12年、大江戸線の門前仲町駅が開業。平成15年、半蔵門線の清澄白河駅が開業。平成18年、ゆりかもめの豊洲駅まで開業し益々便利になり、これからの発展が期待される。
品川区 東京湾に面し、古くから交通、交易の拠点として栄え、有名な大森貝塚など史跡も数多くあります。江戸時代には東海道第一の宿として賑わい、明治時代からは、京浜工業地帯として発展してまいりました。品川駅への新幹線の停車はもとよりリニア中央新幹線の乗り入れなど、再び交通、産業の拠点として重要な役割を担おうとしています。
目黒区 主に住宅地として発展。平均世帯年収は664万円で、中央区709万円に次ぐ水準である。目黒区さんままつりは落語「目黒のさんま」にちなんだ行事である。古くは目黒競馬が開催されたこともあった
大田区 23区内では最南部に位置する。東部には羽田空港があり、商業は大森駅と蒲田駅に、行政は蒲田駅に集中している。又、田園調布を始めとして閑静な住宅街も有する。
世田谷区 渋谷区から神奈川県にかけて国道246号が東西を横断、環八通りが南北に縦断、なお、世田谷ボロ市は 毎年1月、12月の2回開催される年末年始の風物詩であり、400年前の楽市を起源とし歴史は大変古いものである。又、各界の著名人が数多く居住することでも知られている。
渋谷区 ターミナル駅である渋谷駅を中心とした渋谷地区は副都心のひとつとなっているほか、代々木や千駄ヶ谷は新宿のオフィス街・繁華街と一体となっている。また、青山(港区)に隣接する原宿・表参道はファッションの中心として知られるほか、代官山周辺や恵比寿などには商業施設やファッション関連の産業が集積している。又、明治神宮や代々木公園など、広大な緑地を有しており、周辺には松濤や代々木上原といった高級住宅地も点在している。一方、北部、とりわけ甲州街道や京王線沿いよりも北側の地区は中野区や新宿区に続く過密な住宅商業地区となっており、他の町とは趣を異にする。
中野区 大繁華街を有する区と隣接しており、鉄道以外にバスも渋谷駅・池袋駅から中野区内を結ぶ路線があり利便性も高い。江戸期には、近郊農業と、味噌・醤油醸造など食品工業が整備され、江戸町民の食料消費を支えた。明治以降、都心からの転居者などにより人口が増加する。関東大震災以降は、浅草から寺院の引越しが始まり小京都の様な佇まいである。そして、住宅地化が急速に進み、昭和40年代までに農地はほとんど姿を消した。都心から移転してきた寺が多く、隣接する落合斎場との相乗効果もあり、葬祭関連の産業もみられる。
杉並区 全体的になだらかな高台地域。特に高台に沿って、甲州街道、青梅街道が南北の区境近傍に東西に通っている。区名の由来は、江戸時代の初期、領主が青梅街道沿いに植えた杉並木があったことに始まる。この杉並木は明治以前になくなった。
豊島区 池袋駅を中心とする副都心を擁し、高級住宅地の目白や、「おばあちゃんの原宿」として知られる巣鴨などがある。文教施設としては立教、学習院、東京音楽、大正各大学などがある。また、多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園や、染井霊園などもある。、ソメイヨシノは、巣鴨の旧染井村が発祥。染井の植木屋が江戸時代後期、交配して生み出した新種がソメイヨシノである。
北区 田端の大部分は山手線の内側に位置し、都県境に接しつつ山手線内のエリアを共有するのは、23区では唯一である。明治通り、環七通り、環八通り、中山道、本郷通りという幹線道路が通っており、アクセスは便利である。また、JRの駅数が23区中で最も多く、多くの住宅地が駅からの徒歩圏内にある。
荒川区 江戸時代は農村だったが、明治時代から荒川の水を使うために多くの工場が建設され、工業化が進んだ。区の発足から1945年ごろまで、東京市内で最も人口の多い区であった。現在は下町としての特色を強く残す一方、工場跡地を活用した大規模な再開発が行われている。特に南千住地区の再開発は都内最大級の規模となっている。
板橋区 板橋区設立当時は、現在の練馬区も含む広大な地域であり、田畑地が多く、「東京の満州」と呼ばれた。平安時代、石神井川にかけられていた板橋が当時としては珍しかったため、そのまま地名になったという説が有力である。加賀藩下屋敷もあった。
練馬区 練馬区は緑の多い閑静な住宅街であり、最低居住面積水準未満の世帯率は東京23区で最も低い。練馬区民の男性の平均寿命は81.2歳で、東京23区で第1位である。人口は約70万人で、世田谷区に次いで多い。東映東京撮影所に付随した東映動画が存在したことから、日本のカラー長編アニメの発祥地、連続テレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を製作した、日本のアニメ産業の礎となった地である。
足立区 「足立」の由来は、もと万葉仮名で「阿太知」だったものを置き換えたとみられるほか、「葦立ち」の転じたものとする説もある。南東の千住地区は、江戸時代には日光街道と奥州街道の第1宿「千住宿」であり、現在はターミナル駅である北千住駅を擁する区内随一の繁華街となった。町丁数は268で、これは東京23区の中で世田谷区の277についで2番目に多い
葛飾区 山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズで知られる柴又帝釈天や、江戸期の菖蒲文化を伝える堀切菖蒲園が多くの人々に愛されている。漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で有名になった亀有派出所が設置されていたことはないが最も近い実在の交番は亀有駅北口交番がある。
江戸川区 "区の南部の大半は埋立地が占め、埋立地には葛西臨海公園、葛西臨海水族園があり、南端で東京湾と接している。区民1人当たりの公園面積は23区内で1位である。 小松菜は江戸川区が発祥の地として知られ、現在の小松川で将軍の徳川吉宗が鷹狩の際、名の無い菜が入った味噌汁を食し、「小松菜」と命名したことに由来。また、朝顔の栽培が盛んで、毎年7月に台東区入谷で開催される朝顔市に出荷される朝顔の6割~7割は江戸川区産の朝顔である。"
八王子市 周辺部も含め23の大学等があり、外国人留学生を含む約11万人の学生が学んでいる全国有数の学園都市でもある。後北条氏および徳川氏から軍事拠点として位置づけられ、戦国時代には城下町、江戸時代には宿場町として栄えた。かつて絹織物産業・養蚕業が盛んであった為に「桑の都」及び「桑都」という美称があり、西行の歌と伝えられてきた「浅川を渡れば富士の影清く桑の都に青嵐吹く」という歌もある。
立川市 多摩地区最大の乗車人員数の立川駅と、多摩都市モノレール線の立川北・立川南駅があり、400万人の人口を有する東京三多摩地区の中心都市として、商業施設やオフィスが集積している。大正11年、立川飛行場が設置されたことによって商業・工業の集積が進んだことが、今日の繁栄の礎であるる。 一方で農業も盛んでウドは立川の特産品である。
武蔵野市 戦前、中島飛行機武蔵製作所が出来、この地域は大きく発展した。 しかし、米軍の東京大空襲の戦略爆撃に合い、工場機能は壊滅。現在もビル工事などで地中深く掘削すると不発弾が発見されることがある。また、都内でも有数の井之頭公園は市民の憩いの場となっている。武蔵野大学、東京女子大等学園都市としての顔も併せ持つ
三鷹市 武者小路実篤、山本有三、太宰治など多くの作家たちが住んだ街として知られるほか国立天文台三鷹キャンパス、武蔵野市にまたがる場所に桜で知られる井の頭恩賜公園、野川公園がある。桜の植樹が盛んで、三鷹通り、天文台、調布飛行場・武蔵野の森公園、国際基督教大学などの周辺に多くの桜並木が造られている。観光名所としては、三鷹の森ジブリ美術館を筆頭に、三鷹市山本有三記念館、太宰治文学サロンなどの様々な文化施設が存在する。市内南西端に位置する龍源寺には近藤勇の墓がある。
青梅市 中部を多摩川が東流する。中心市街は青梅街道の宿場町として発達、青梅線が通じる。古くから綿織物が盛んで、青梅縞、青梅綿として知られ、戦前まで夜具地を多く産した。山間部では林業が営まれる。東部には昭和40年代に工業団地が造成され、ハイテク関連産業の進出や市街地の工場の移転が進められている。だるま市、青梅大祭は有名。金剛寺、塩船観音寺、武蔵御嶽神社、吉野梅郷があり、西部は秩父多摩甲斐国立公園に属する。1967年に始まった青梅マラソンには、海外からも含めて約15,000人が参加し、日本最大のマラソン大会である。
府中市 国府が置かれるなど政治や経済と文化の中心地として栄えており、江戸時代は甲州街道の「府中宿」があった。鎌倉時代にも要衝地域となっており、戦後も多摩地域の主要都市として行政機関・病院等の公共機関が数多く集積する。これは国府設置以来中心地にある大國魂神社を基点に発達していったことが影響している。戦後は、1950年代以後宅地開発が進み、行政機関、病院、大企業の工場機能の集積も相まって人口が急増し、都下の拠点都市として発展してきた。
昭島市 昭和36年多摩川橋梁近くでクジラの化石が発見された。科学の進歩により160万年前の地層から出土したとされている。百万年以上前のクジラの全骨格がほぼ完全な形で発掘されたのは、世界でも初めてだと言われている。明治時代末より製糸工場が相次いで操業を開始し、市域一帯に桑が植えられるなど、養蚕業が盛んであった。当時、蚕種の生産を中心として、東京府内の生産高の3割近くを占め、戦後は通勤圏として住宅地が発展し、大型団地建設などで人口がさらに増加した。工業団地が造成され、近年では電子機器などのハイテク産業が発展した。
調布市 甲州街道の国領宿・下布田宿・上布田宿・下石原宿と上石原宿がこの地にあり、布多天神社の市場は賑わった。新選組局長の近藤勇は、天保5年、宮川久次郎の三男として生まれました。そして15歳で、翌年に理心流の目録を得て近藤周助の養子となり近藤姓を名のる。 当時、宮川家の屋敷は、人見街道と小金井に通じる辻にあり、面積約7,000平方メートル、建物は母屋165平方メートルのほか蔵屋敷など数棟、木々や竹が茂っていたといいます。
町田市 1960年代以降ベッドタウンとして発達したが、バブル経済期以後には、東京都区部からの私立大学の転入が進み、私立大学や一貫校が点在するなど、「青年の街」の色も見られる。2000年頃から、新宿地区で営業していた業者が町田駅前繁華街へ移転する動きがあり、2000年の犯罪発生件数が増加し、西の歌舞伎町とも呼ばれるようになった。これは、新宿から直通電車で30 - 40分程度という好立地による。しかし、客引き等の迷惑行為が社会問題化し、条例による客引き行為の規制や住民によるパトロール、民間交番の設置や警察活動拠点の拡充等が行われ治安は改善の兆しをみせ、その結果、2012年の犯罪発生件数は2000年当時の半分以下にまで減少した。
小金井市 市の中央に位置する武蔵小金井駅を中心に、東西にJR中央線が、南北に小金井街道が走る。殆どが住宅地であり、ベッドタウン型の市である。大学の進出もあり静かな学園都市の趣もある。桜の名所として知られる小金井公園、南は武蔵野公園、野川公園、多磨霊園にも面しており、緑が多く残る。JR武蔵小金井駅前踏切は、「開かずの踏切」と呼ばれていたが、2003年から2009年迄の間に実施された高架化工事で解消された。
小平市 市内には、西武鉄道の新宿線、拝島線、国分寺線、多摩湖線のほかJR武蔵野線が走り、玉川上水の遊歩道、小平霊園など緑が多い。江戸時代徳川家の鷹場があったことに由来するたかの台、明治16年の明治天皇行幸に由来する御幸の地名等がある。戦後、都心部の住宅難に対応するため都営住宅の建設が進み、ベッドタウンとして人口が増加。団地の建設や、宅地開発が進み、ブリヂストンや日立製作所などの工場、大学や専門学校など教育機関も増加した。
日野市 江戸時代には「日野宿」があり、甲州街道の宿場町として繁栄した。新選組の土方歳三や六番組隊長の井上源三郎の出身地。また日野自動車の企業城下町であります。近年大規模企業や大規模団地が進出しているものの、河川や丘陵地が多く、「水の郷百選」に認定されるなど自然が非常に多い。
東村山市 鎌倉時代には久米川宿を中心とする宿場として栄えた。日蓮が佐渡ヶ島に流刑される際に当宿に宿泊している。鎌倉末期には新田義貞率いる倒幕軍と幕軍の間で合戦が起こり、市域では久米川の戦いが起きている。江戸時代は幕府直轄領となり、尾張徳川家の鷹場が設置された。近年1967年には新青梅街道、1973年には武蔵野線が開通し、ベッドタウンとして開発が進められ、都営住宅や団地、官公庁住宅の整備が行われ、現在の市の姿となった。
国分寺市 741年に聖武天皇によって建立された国分寺ががあったことから市名になった東京都の多摩地域にある市である。東西に約6km、南北に約4kmにわたって広がっていて、ほとんどの武蔵野段丘の平坦面上になっている。
国立市 昭和30年、糸川英夫博士率いる東大生産技術研究所が、南部銃製造所(現早稲田実業学校)で、日本初のロケット試射テストを行ないました。 ロケットの全長は23センチで、小さい本体のため「ペンシルロケット」と愛称されました。そのデータは現在のロケット開発にも活用されています。小惑星「イトカワ」の名前は、日本の宇宙開発の祖である糸川英夫博士にちなんでつけられたものです。
福生市 事実上治外法権の在日アメリカ空軍横田基地が市域東側の平坦部、約3分の1を占め、実際の行政面積は6.92km²である。これは多摩地域において狛江市についで小さく、全国でも3番目に小さな市である。また外国人比率は4.21%とダントツである。人口は平成3年に6万人を突破した後、平成13年をピークに微減傾向が続いている。
狛江市 多摩川中流左岸に位置する。概ね平地といえる、「枝豆」の形をし、市役所を中心とした半径約2kmの円内に収まる。世田谷区、調布市、川崎市に接し、これら3つの自治体に取り囲まれた形になっている。
東大和市 神奈川県大和市や埼玉県和光市と区別するために東京の大和市という意味から「東大和市」と名付けられた。市の西部に多摩都市モノレール線が南北に通り、南端に沿って西武拝島線が通る。表玄関にあたる南街には青梅街道が、また市の中央を東西に新青梅街道が走っている。第二次世界大戦中まで市の南部(現在の桜が丘)には、軍需工場の日立航空機立川工場があり、戦後にGHQに接収され大和駐屯地がつくられた。返還後の土地には国有地、公有地として公園や教育・福祉関連施設、公団住宅などが建設されている。
清瀬市 市名の由来は諸説あり、市内の地名「清戸」と、市内を流れる柳瀬川から、一字ずつ取った。 日本武尊が訪れ、木の下で休んだ際に名が生まれたという。1915年、西武池袋線が開通。1924年、清瀬駅が開設された。1939年、国立東京病院開所、(日本における本格的な結核療養が始まる)。
東久留米市 都心から約25キロ離れている。小平霊園を水源とする黒目川と、市中心部を水源とする落合川が合流する。湧水が豊富に湧き出す。ひばりが丘・東久留米・八幡・滝山・久留米西団地など大規模団地が多い。2007年、高齢化率が20.8%に達し、多摩26市の中で2番目に高い高齢化率となっている。
武蔵村山市 1966年、都営村山団地竣工から人口が激増する。1970年、山形県村山市が存在するため、名称変更を行い、武蔵村山市となる。福生市とは横田基地の敷地内で隣接しているため直接行き来できず、瑞穂町と羽村市または立川市を経由して行くしかない。
多摩市 多摩ニュータウンが市域南部から稲城市、町田市、八王子市にまたがって造成されている。また、南多摩地域では唯一、高速道路とJRが全く通っていない珍しい市である。
稲城市 1970年代以降の多摩ニュータウン建設や鉄道沿線の開発に伴い、人口が急増した。古くからナシやブドウの産地である。サッカーJリーグ・東京ヴェルディのホームタウンでもある。
羽村市 東京の多摩地域西部にある市で,最も人口が少ない。近代以後は養蚕を主とする農村だったが、自動車工場の誘致などで人口が増加し、東京のベッドタウンとなった。
あきる野市 1995年に秋川市と五日市町が合併して発足し、あきる野市となった。西部は関東山地のがあり、中央には五日市盆地がある。東部は秋留台地や草花丘陵がある。冬場は東京都でありながらも冬日が続くことが多く、毎年積雪される。夏場は標高が高いこともあり涼しい日が多く。避暑地として訪れる人も多い。
西東京市 田無市と保谷市の合併で誕生した市である。武蔵野台地の中央にあり、関東ロームに覆われている。市内には石神井川、白子川、新川などがあり、水流の多い地域である。車では青梅街道、五日市街道が主要道路。電車では西武池袋線、西武新宿線が通っている。
西多摩郡瑞穂町 狭山丘陵の西に位置し、在日米軍横田基地で占められているため、人口密度が周辺と比べて低い。
日の出町 中曽根康弘元総理の別荘である日の出山荘があり、あきる野市に隣接し、近年、日の出ICを中心にした交通網の整備やイオンモールが開業したことにより、人口が減少傾向にある西多摩地区の中でも増加傾向にある。
檜原村 東京都の本州における唯一の村である。地域のほとんどが関東山地に入っており、秋川上流に民家が多い。地域の90%は森林で冬の積雪は多い。凍結や積雪による通行止めなどが発生し孤立することもある。
奥多摩町 多摩川を堰き止めた小河内ダムで造られた奥多摩湖を擁し、その下流域に集落が広がる。面積は東京都に属する自治体では最大である
千葉県
千葉県 "千葉県、関東の南東に位置しており、東京の東側にある県。関東平野にまたがり、房総半島、九十九里浜など海に囲まれ、関東地域の人気海水浴場が多数存在する。またサーファー達からの人気も高く、サーフィンの全国大会などが毎年開催されている。 また起伏が少ない県であり、関東平野の北部は、低地と下総台地となっている。南部には丘陵地帯になっており、標高408mの愛宕山があり千葉県で一番高い山になっている。鋸山、鹿野山などには登山や観光で訪れる人は多い。 千葉県の歴史は1873年に、印旛県と木更津県が一緒になり、千葉県が誕生した。その後、新治県の南領域を編入し、印旛県の北領域を茨城県にするなどの編入があり、1899年、現在の県域となった。 都道府県における人口は全国で6位。面積は28位となり、関東地域では最大の面積となる。平地が多く、住宅に可能な地域が多いことや、首都圏に近いこともあり東京で職を持っている家族の住宅地として人気が高く、千葉ニュータウンなどのベットタウンも多く存在する。浦安市から続く東京湾沿岸は広大な埋立地があり、東日本大震災の時に新浦安駅周辺の住宅街は激しい液状化に見舞われ、多くの家屋が影響を受けた。
旭市・ 人口は約7万人、九十九里浜の最北端に面し、夏季には海水浴客で賑わう。「旭」という市名は、一説には「旭将軍」と呼ばれた木曾義仲の末裔とされ、この地で没した木曾義昌を詠んだ「信濃より いつる旭をしたひきて 東の国にあととどめけむ」から採られた。
我孫子市・ 利根川と手賀沼に挟まれた、茨城県との境に位置し、大正から昭和初期にかけて、「北の鎌倉」と称されることもあり、志賀直哉、武者小路実篤、柳宗悦、バーナード・リーチなど著名な文化人が居を構えたことで白樺派の拠点となっていた。
天津小湊町 かつて千葉県安房郡に存在していた町である。2005年に、鴨川市と合併し、新たに鴨川市となったため消滅した。
飯岡町・ 海上郡海上町と合併し旭市となったため消滅した。
夷隅町・ 平成の大合併では、紆余曲折を経て2005年12月に夷隅町、大原町、岬町が合併し、いすみ市が発足したことにより、現在の体制となった。
市川市・ 県では人口第4位で、首都圏のベッドタウンとして発展している。市の木であるクロマツも多く静かなたたずまいであり、戦前から東京の富豪が別荘を構え、戦後も敷地の広い邸宅が多い高級住宅地である。過去には永井荷風、幸田露伴、北原白秋など数多くの文人が好んで住み、市川に関する記述がある作品も多く、これら文人の足跡が「市川文学の散歩道」として残されている。行徳地区は成田街道の宿場町として、また江戸川水運の中心地として発展した。また、製塩業は有名である。
一宮町・ 一宮町は、千葉県長生郡の町である。
市原市・ 製造品出荷額が愛知県豊田市に次いで全国第2位の日本を代表する工業都市である。Jリーグのジェフユナイテッド市原・千葉のホームタウンである。 また、ゴルフ場の数が日本一の自治体でもある。
印西市・ 印西市と周辺2市に広がる「千葉ニュータウン」があり、全国で最も人口の多い町となり、印西市文化ホール前には全国町村人口日本一の記念碑が建てられている。「住みよさランキング」では印西市は総合評価で全国1位を獲得した。
印旛村・ 千葉県印旛郡にあった村。ナウマン象発掘の地としても有名である。2000年以降千葉ニュータウンが造成され、北総線の開通によって人口が増加した。
海上町・ 海上郡にあった町、約半分が「椿海」という湖であった。
浦安市・ 市内に東京ディズニーリゾートがあることで全国的に知られ、近年では財政力指数において平成24年度では市として首位、豊かな市として有名である。
大網白里町・ 漢字4文字の市は当市が初であり唯一。、房総半島の太平洋岸に面している。
大多喜町・ 千葉県夷隅郡にある町。町内の大多喜城は徳川四天王の1人、本多忠勝がいたことで有名。
大原町・ 千葉県夷隅郡にあった町でイセエビの水揚げ量日本一を誇った。2005年12月に夷隅町、岬町と合併し、いすみ市誕生に伴い消滅した。
小見川町・ 千葉県香取郡に存在した町。陸地部には縄文人が住んでいた。そのため貝塚が多数存在している。
御宿町・ 房総を代表する海岸である。また、童謡「月の沙漠」発祥の地としても知られ、日本の三大海女地帯のひとつで、御宿の海女たちは、その昔遭難したスペイン人たちを助けた人情味あふれる心意気を忘れず今に伝えている。
柏市・ 1960年代よりのベッドタウンとして人口が急増。1970年代以降は百貨店をはじめ多くの商業施設が進出し、東京の衛星都市的な商業地として栄える。2005年、つくばエクスプレスの開通を契機として市北部の柏の葉地域で東京大学、千葉大学、産学連携施設を中心とした文教地域が形成された。
勝浦市・ 黒潮の影響を受けやすいため、冬は暖かく、夏は涼しい海洋性気候であり、特に夏は県内では銚子と並び最も涼しい。8月の平均気温は25.3度で、最高気温は30度を超えることは少なく、ヒートアイランドの影響も無いため熱帯夜も少ないく避暑地となっている。
鎌ケ谷市・ 1687年、松尾芭蕉が「鹿島紀行」の途上、小金牧を通る。1776年、大黒屋文右衛門が鎌ヶ谷大仏を建立。1825年、渡辺崋山が宿を取る。「四州真景図」の2巻に行徳などと並んで「釜原」の絵がある。
鴨川市・ 鴨川シーワールドを主として観光地や市街地が集中している為、鴨川バイパスの渋滞が顕著である。天津小湊地区は丘陵地帯であり、日蓮聖人ゆかりの清澄寺、小湊には誕生寺といった名所が立地している。江見地区は、仁右衛門島や太海フラワーセンターといった観光施設を持ち花作りが盛んである。
木更津市・ 東京都心と木更津市との間に東京湾を挟む為、東京湾北側を周回した移動距離は70~80km程度であり、東京湾アクアラインを利用した場合は45km程度である。
君津市・ 1960年代、君津製鐵所の操業開始に伴い人口が急激に増加したが、現在は減少傾向にある。アクアライン高速バス網の発展にともない、東京駅・羽田空港へのアプローチの利便性が高まり、今後は新たなベッドタウンとしての機能も期待される。
鋸南町・ 1180年、石橋山の戦いに敗れた源頼朝は、神奈川県真鶴町から出航。安房国平北郡猟島、現在の竜島付近に到着、ここから再起を図った。また、江戸期の浮世絵師、菱川師宣の出身地としても知られる。師宣はのちに江戸に移り浮世絵師として活躍した。
九十九里町・ 九十九里町は、山武郡にある町で太平洋岸に位置し、観光には海水浴、サーフィン、海釣りなどがある。また、伊能忠敬出生地として県の史跡に指定されている。
栗源町・ 香取郡に存在した町で、2006年に佐原市・山田町・小見川町と合併し、香取市となった。サツマイモが有名で、毎年開催される栗源ふるさとまつりで日本一の焼き芋広場が大好評である。
神崎町・ 香取郡の町。町の神崎神社にはなんじゃもんじゃの木があります。
栄町・ 印旛郡の町。町の龍角寺(りゅうかくじ)は、天台宗の寺院で、本尊は薬師如来。調査の結果、7世紀の伽藍跡が検出されており、関東地方でも屈指の古寺である。
佐倉市・ 都内通勤する、いわゆる千葉都民が増加。成田国際空港まで約15kmであり、空港勤務者も多く居住する。高級住宅団地としてユーカリが丘地区や染井野地区がある。
佐原市・ 2006年に香取郡栗源町、小見川町、山田町と合併し、香取市となった。古くから水郷の町として栄え、小野川沿いには小江戸と呼ばれる当時の町並みが残っている。また、伊能忠敬の養子婿先の地で、地図の町としても有名。
山武町・ 2006年、成東町、松尾町、蓮沼村と合併して山武市を新設。
酒々井町・ 2010年、印旛郡は栄町と酒々井町のみとなる。
芝山町・ 山武郡にある町であり、国の構造改革特別区域法に基づき2003年国際空港特区に認定された。
下総町・ 香取郡にあった町。工芸品の下総鬼瓦も重要な産業の一つだったが今では県下唯一の鬼瓦工場がこの町に残るのみとなり、県の伝統的工芸品に指定されている。
沼南町・ 沼南町は、東葛飾郡にあった町。2005年に柏市へ編入され消滅。
白子町・ 長生郡の町で、紀州の漁民「西宮久助」が漂着し紀州の漁法である地引き網を伝えた「九十九里いわし漁」発祥の地である。
白浜町・ 2006年に、富浦町、富山町、三芳村、丸山町、和田町、千倉町と新設合併し、現在は南房総市となり消滅した。
白井市・ 1979年に北総線が開通し「千葉ニュータウン」ができたことにより、ベッドタウンの開発が進み人口が増加した。北部では豊かな自然も多く梨の栽培が盛んなことで知られる。
袖ケ浦市・ 財政の豊かさは、県内で浦安市、成田市に次ぐ3番目である。
大栄町・ 2006年、成田市へ編入合併された。
多古町・ 香取郡にある町。九十九里平野最大の栗山川が流れ、西は成田空港に接している。
館山市・ 東京湾に面し、安房地域における政治・経済・文化の中心都市である。
千倉町・ 2006年に、富浦町、富山町、三芳村、丸山町、和田町、白浜町と合併し、南房総市となったため消滅した。
銚子市・ 全国屈指の漁港の町である。市の北部には利根川が流れ、銚子市で太平洋に注ぐ。
長生村・ 長生郡の中では最も人口が多い。また、千葉県内唯一の村である。
長南町・ 長生郡にある町。農業用水を確保するための溜池が多く、ゴルフ場が多いのも特徴である。
東金市・ 名前の由来は鴇が根に由来するといわれる。当地にある西福寺境内の山嶺が鴇(とき)の頭に似ていることから鴇ヶ峯と称されトウガネに転訛し東金と言うようになったと伝えられる。
東庄町・ 香取郡にある町で、中世の荘園、東庄にちなんで東庄町と名づけられた。
富浦町・ 安房郡に存在していた町。平成の大合併に伴い2006年、富山町、三芳村、丸山町、和田町、千倉町、白浜町と新設合併し、現在は南房総市となったため消滅した。
富里市・ スイカの産地、現在では生産高、出荷量ともに全国第2位。明治期に御料牧場が設けられた「競走馬のふるさと」として有名。人と緑が調和し未来を拓く臨空都市がキャッチフレーズ。
富山町・ 安房郡に存在していた町。2006年、富浦町、三芳村、丸山町、和田町、千倉町、白浜町と合併し、南房総市となったため消滅した。
長柄町・ 長生郡にある町。房総半島を東西に分ける丘陵の中にあって平地は少なく、起伏が激しい。大きな川が無く、水を確保するための溜池がいたる所に見受けられる。
流山市・ 2005年つくばエクスプレス開通により人口が増え、おおたかの森駅を拠点として整備し,「都心から一番近い森の街」を目指している。
習志野市・ 東京湾沿いには広大な遠浅の海岸を埋め立てた住宅地や商工業地が広がるが、1ヶ所だけ残ったラムサール条約登録地、谷津干潟があり、干潟を必要とする渡り鳥の重要な中継飛来地となっている。
成田市・ 県の北部に位置する市で成田山新勝寺などがあり、門前町として栄えた。明治期には宮内庁下総御料牧場が置かれるなど、1960年代までは田園都市であったが、1978年の空港開港と高度経済成長とともに、市域の経済・産業構造に多大な変化がもたらされた。
成東町・ 2006年山武町・松尾町・蓮沼村と合併して山武市となったため消滅した。
野栄町・ 2006年八日市場市と合併し、匝瑳市となった。
野田市・ 関東平野のほぼ中央に位置し、東に利根川、西に江戸川、南に利根運河によって、三方を囲まれている。利根川の対岸が茨城県、江戸川の対岸が埼玉県である。キッコーマンの創業地であり、ここから全国に醤油が出荷されている。
蓮沼村・ 2006年、成東町・山武町・松尾町と合併し、山武市となったため消滅した。
干潟町・ 2005年、旭市、海上郡海上町・飯岡町と合併し旭市となったため消滅した。江戸時代に椿の海の干拓によってできた干潟八万石にあった町であり、農協の祖、大原幽学記念館がある。
光町・ 2006年、山武郡横芝町と合併し山武郡横芝光町となった。
富津市・ 市名の由来は日本武尊伝説によるものとされ、嵐を静める為に海に投身した弟橘姫の袖が海岸に流れ着いたことに由来する(布流津)。この布流津(ふるつ)が転じて富津になったとされている。
船橋市・ 人口は千葉市に次ぐ第2位、政令指定都市以外の都市では国内最多である。1960年完成の公団住宅前原団地の建設を契機に東京のベッドタウンとして人口が大幅に増加した。
山武市 2006年、山武町・成東町・蓮沼村と合併して市制施行し、山武市となったため消滅した。
松戸市・ 市の中心部は、古くから水戸街道の宿場町として栄えてきた。1896年に常磐線が開通。1943年、東葛飾郡松戸町・高木村・馬橋村が合併し発足、東京の近郊農村地域であったが、近年は東京のベッドタウンとして発展。県内では千葉市、船橋市に次いで居住人口3位である。
南房総市 2006年、安房郡の富浦町、富山町、三芳村、和田町、千倉町、白浜町、丸山町と合併し、南房総市となったため消滅した。
いすみ市 2005年、大原町、夷隅町と合併し、いすみ市誕生に伴い消滅した。
睦沢町・ 肥沃な農地が展開し上総地区屈指の穀倉地帯で、地下には、天然ガスが埋蔵されていることが特徴で、冬でも0℃以下になることは少なく、温暖な気候といえる。
本埜村・ 都心から50km圏にもかかわらず、水と緑に恵まれた豊かな土地が広がり、毎年冬には越冬のために800羽を越す白鳥が飛来する。以前は農業を主な産業としていたが、1990年代後半より村西部の千葉ニュータウンの開発によって人口が激増。また成田空港が近いこともあり、2000年代以降国道464号沿道に企業の研究所や物流センターの進出が目立つ。
茂原市・ 県のほぼ中央東部に位置する市。天然ガスの生産量では日本一。
八街市・ 関東平野の中でも標高がたかい地域である。冬は非常に寒く、しばしば氷点下5度以下まで下がる。
八千代市・ 住宅団地発祥の地として知られており、現在も東葉高速線沿線を中心に宅地開発が行われている。
八日市場市・ 2006年、匝瑳郡野栄町と合併して匝瑳市となった。
横芝町・ 2006年、匝瑳郡光町と合併し山武郡横芝光町となった。
四街道市・ 、四街道駅周辺はマンションや住宅地が立ち並び、首都圏のベッドタウンとして発展してきた。また、四街道駅南口からは、228基ものガス灯が立ち並び、長さも約2,300mと日本一の長さである。
千葉市 戦前、日立航空機製作所と日立製作所などの軍施設が集中する軍都として発展したが、1945年、連合国軍による大規模な空襲に見舞われ、市域の7割が壊滅する甚大な被害を受けた。戦後、大規模な埋め立てと市町村合併が行われ、京葉工業地域の中心都市として再建された。
埼玉県
埼玉県 日本で8つある内陸県の一つである。人口は約700万人おり、都内で職を持つ家族のベットタウンとしても人気が高く、人口密度で言えば全国で第4位である。田畑も多く農業は盛んにおこなわれている。ネギ、ホウレンソウ、ブロッコリーなどの生産量は全国ベスト5に入る。秩父地域になると山が多くゴルフ場が多数存在する。県庁所在地はさいたま市で政令指定都市でもある。かつては県庁が埼玉郡岩槻町の予定であったために、その郡名から埼玉県と名付けられた。
川越市・ 城下町として栄えた都市で、「小江戸」の別名を持つ。城跡・神社・寺院・旧跡・歴史的建造物が多く、文化財の数では関東地方で神奈川県鎌倉市、栃木県日光市に次ぐ。戦災や震災を免れたため歴史的な街並が残っており、市内の観光名所には年間約620万人もの観光客が訪れる観光都市である。
熊谷市・ 江戸時代には中山道の熊谷宿が置かれ、宿場町として栄えた。現在は国道17号をはじめ、6つのバイパス、上越新幹線、高崎線、秩父本線の鉄道路線が通過しており、交通の要衝としての役割を果たしており、埼玉県北部における経済の一大拠点をなしている。
川口市・ 人口約57万人の市で、市としては日本で最も多い人口を擁する。江戸時代に日光御成街道の宿場がおかれていた川口宿に端を発する。近代以降は、鋳物工業が、発展した。今ではその姿は見られない。その後、中高層の建築物が建てられ、風景は大きく変った。鳩ヶ谷地域には、江戸時代の鳩ヶ谷宿という歴史や伝統があり、歴史的な建築物や町並みが現在でも残存している。
行田市・ 江戸時代中期より、下級武士の内職として足袋の生産が始まり、明治時代以降一大産地となる。
秩父市・ 埼玉県内で最も広い市町村である。黒谷にある和銅遺跡付近から、和銅(純度が高く精錬を必要としない自然銅)が産出し、朝廷に献上された事を記念して、「和銅」に改元するとともに、和同開珎が作られたとされる。古くから物資の集散地として、また秩父神社の門前町として栄えた。
所沢市・ 東京のベッドタウンとして集合住宅が多く、所沢駅前は繁華街となっている。JR武蔵野線が開業した当時に比べ、人口が急増している。その反面、南部には宮崎駿監督作品の映画『となりのトトロ』の舞台にもなった狭山丘陵(トトロの森)が広がっており、豊かな自然にも恵まれている。日本で初めて飛行場が建設された地で、所沢航空発祥記念館もある。
飯能市・ 市内の7割が山野で、南東端に市街地が集中している。 当地の医者、岡部均平と秩父市の医者伊古田純道により、日本で初めて帝王切開が行われる。
加須市・ こいのぼりの生産数が日本一であり、加須うどんの街でもある。
本庄市・ 本庄宿は中山道の中で最大の宿場町として栄え、明治時代には本庄への遷都が計画されていた事がある。明治以降は生糸・絹織物の産地として栄えた。
東松山市・ 多くの街道が集まる交通の要衝として、古くは鎌倉時代から松山城の城下町、その後は松山陣屋の陣屋町として発展した中心都市である。今は東京のベッドタウンとなっている。やきとりの街である。
岩槻市・ 2005年にさいたま市に編入され、旧市域はそのままさいたま市岩槻区に移行した。江戸時代、岩槻藩5万5千石の城下町でありかつ日光御成街道の宿場町でもあった。
春日部市・ 当地を起源とする鎌倉時代の武家・春日部氏に因んで、現在の表記に。江戸時代は日光街道の宿場町であった。
狭山市・ 1960年代以降東京郊外のベッドタウンとなり人口が急増。近年、移り住んできた市民の少子高齢化が進む一方、新規転入者は減少している。航空自衛隊の入間基地は市役所の南に位置し、9割が狭山市にある。
羽生市・ 江戸時代末期以降、青縞(あおじま)の生産が行われ、現在も衣料の街でもある。
鴻巣市・ 東京の衛星都市である一方、花卉園芸が盛んである。かつては中山道の鴻巣宿が置かれた宿場町であり、ひな人形の産地である。
深谷市・ 江戸時代、中山道の深谷宿が置かれ、最盛期には旅籠が約80軒並ぶなど宿場町としても発展した。岡部には旧岡部藩岡部陣屋があり、遺構として長屋門、西島町に地方(じかた)通用門が残っている。深谷ねぎは日本一の出荷量を誇る。第一国立銀行の創立に携わり近代日本経済の基礎を築いた渋沢栄一の生誕地、また、国鉄に働きかけて深谷駅に急行列車を停車させた運輸大臣の荒舩清十郎でも知られている。
上尾市・ 中山道の宿場・上尾宿が置かれた。天領・旗本領・寺社領・近隣の大名の所領が入り組んでいたが、江戸時代後期には上尾宿のための輸送負担を負う助郷としてまとまりが生まれてきた。
草加市・ 。南側を東京都足立区と接する。草加煎餅、松原団地で知られ、東京に通勤・通学する、いわゆる「埼玉都民」が多く、市内の広範に住宅地が広がる。
越谷市・ 日本初の健康保険制度「越ヶ谷順正会」は、1938年の国民健康保険法施行よりも3年早く発足している。このため、健康保険の発祥の地と言われている。
蕨市・ 全国の市の中で最も面積が狭く、江戸時代には蕨宿が置かれ、中山道の宿場町として非常に栄えていた。1946年から開催されている成年式が成人式のルーツといわれている。
戸田市・ 江戸時代には御鷹場として栄え、荒川の「戸田の渡し」は全国的にも有名である。1985年に埼京線が開通、交通の便が良くなったため、中高層マンションの建設が行われた。
入間市・ 扇町屋商店街はかつて千人同心街道・大山道の宿場町として栄えた名残りである。1958年航空自衛隊入間基地が発足する。
鳩ヶ谷市・ 2011年に川口市に編入合併し、消滅した。江戸時代には、日光御成街道の宿場町や市場町として発展した。もともと、交通手段はバス便しかなく、「陸の孤島」などと揶揄されてきた。2001年に埼玉高速鉄道が開業して以降、賃貸マンションの建設ラッシュが起きた。
朝霞市・ 1932年、東京都世田谷区にあった東京ゴルフ倶楽部が移転して来た。その際、倶楽部の名誉総裁で、当時の皇族であった朝香宮鳩彦王にちなんで、倶楽部の許可のもとに「朝霞町」と改名された。この時、朝香という宮号をそのまま使用するのは畏れ多いということで、一字変えて朝霞となった。
志木市・ 江戸時代、市内を流れる新河岸川の舟運により市役所付近の新河岸川周辺が商業地として発展した。この周辺の経済基盤を背景として、大正期には東武東上線が誘致され、その開業と同時に志木駅が設置された。昭和後期には、志木ニュータウンが造成され、現在は東京圏のベッドタウンとなっている。
和光市・ 戦後、急速に東京のベッドタウンとして人口が増え、本田技研工業の工場建設(現在は工場は廃止)によって工業都市として発展。国立病院機構埼玉病院、独立行政法人 理化学研究所のほか、司法研修所、税務大学校、裁判所職員総合研修所などの国や民間の研究・研修施設の立地が進んでいる。
新座市・ 1655年、松平信綱は、安松金右衛門に命じ、玉川上水を分流し新河岸川に至る野火止用水を完成させる。1970年に市制施行後急速に発展した。ベッドタウンとして住宅開発が進む一方、出版・物流業を中心に工場・倉庫なども多く見られる。
桶川市・ 古くは中山道の宿場町・桶川宿として発展し、江戸時代に周辺部で栽培されていた紅花は「桶川臙脂」としてその名を知られ、最上地方に次いで2番目の収穫高を誇っていた。中山道には蔵作りの建物など宿場時代の面影を残している。
久喜市・ 2010年、久喜市、北葛飾郡鷲宮町、栗橋町、南埼玉郡菖蒲町が合併し誕生した。
北本市・ 江戸幕府による宿駅整備以前の1602年まで中山道の宿場、鴻巣宿があったことで知られる。
八潮市・ 1988年、埼玉県下初の生涯学習都市宣言を行う。2005年、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線八潮駅が開業。
富士見市・ 昼夜間人口比率は72.4%であり全国の市の中で最も低く、首都圏のベッドタウンとなっている。
上福岡市・ 川越市等に隣接し、川越市の商圏に属する。市内には二つの団地があり、高度成長期以降人口が激増し、一時期は日本で一番人口密度の高い市であった。
三郷市・ 土地は全体的に平坦であり、最高点で海抜約8m、最低点は海抜約1.4mの低地地形である。
蓮田市・ 約3万年前から人が住んでいたといわれ、多くの貝塚・住居跡等の遺跡が残っている。また、中世の武士城館跡が残るなど暮らしの跡がみられる。江戸時代、市内域はほぼ岩槻藩領であり、用水の開通に伴い新田の開発が盛んに行われた。明治時代に入り、蓮田駅が開業したことにより、市街地が形成されていった。
坂戸市・ 江戸時代には千人同心街道の坂戸宿であった。1916年、東武東上線が開通し、埼玉のベッドタウンとして発展した。
幸手市・ 江戸時代、徳川将軍が日光東照宮へ墓参する際に立ち寄った聖福寺や、明治天皇が行幸した折に宿泊した行在所跡が残る。
鶴ヶ島市・ 市制町村制の施行以来合併はしておらず、1950年からの約50年間に人口がほぼ10倍に急増した。
日高市・ ヒガンバナの名所である、巾着田で知られ、西部を中心にゴルフ場が点在している。ハイキングコースも整備されており、1年を通して東京近辺から多くのハイキング客が訪れる。
吉川市・ 東京都心から約20km、江戸川と中川に挟まれた水と緑が豊かなまちで、古くは舟運で栄え、なまず料理をはじめとする川魚料理で知られる。
北足立郡伊奈町・ 梨、ぶどうなどを栽培する農村であったが、『埼玉新都市交通』をはじめとする交通路の整備、教育施設の誘致など、宅地造成を急速に進めている。
吹上町・ 中山道の熊谷宿・鴻巣宿間が遠距離であったため、中間地点にあったここが正式な吹上宿として認められ、それが発展し始めた。
ふじみ野市 2005年、上福岡市と合併し、ふじみ野市になる。
三芳町・ 埼玉県の中で東京に最も近い町である。柳沢吉保公ゆかりの三富開発の地である「上富地区」もあり、川越芋の一大産地となっている。
毛呂山町・ 果樹園が多く、特にユズの産地として知られている。
越生町・ 関東三大梅林の1つである越生梅林を有する。
比企郡滑川町・ 県全体のおよそ1/4に当たる200ほどのため池が存在し、関東随一の多さを誇る。このため池の一部から1986年に県内では既に絶滅していたと考えられていたミヤコタナゴ(国の天然記念物)が発見された
嵐山町・ 平安時代末期の武将源義仲や畠山重忠ゆかりの地で、江戸時代には江戸と上州を結ぶ川越児玉往還の菅谷宿として栄えた。
小川町・ 山に囲まれた小川盆地に市街地があり、その地勢から「武蔵の小京都」の異名を持ち、伝統工芸の和紙で知られる。
都幾川村・ 建具産業が盛んであるため建具の里とも呼ばれることもある。2006年、玉川村と合併し消滅した。
川島町・ 産業の中心は農業であるが、圏央道のインターチェンジが開通した。
吉見町・ 横穴古墳群「吉見百穴」が有名。また、県内有数のイチゴの産地である。
鳩山町・ 新興住宅街「鳩山ニュータウン」があり、東京のベッドタウンとなっているほか、「東京電機大学埼玉鳩山キャンパス」、「山村学園短期大学」、「宇宙航空研究開発機構地球観測センター」、「日立製作所中央研究所」といった大規模な教育機関や研究機関の施設が集中しており、緑豊かな新しい街が形成されている。
秩父郡横瀬町・ 秩父盆地の南東の端に位置する。
皆野町・ 秩父音頭発祥の地。
長瀞町・ 長瀞渓谷をはじめとする数々の観光名所を有し、「秩父の赤壁」「関東の耶馬溪」という別名を持つ。
吉田町・ 2005年、秩父市・荒川村・大滝村と合併し、秩父市となった。
小鹿野町・ 日本百名山の両神山を中心とした秩父多摩甲斐国立公園や日本の滝百選に選ばれた丸神の滝のある県自然環境保全地域、県立両神自然公園、名峰二子山を擁する県立西秩父自然公園などの豊かな自然に恵まれた地域である。
両神村・ 2005年,合併し、新たに小鹿野町となったため消滅した。
大滝村・ 2005年,秩父市・吉田町・荒川村と新設合併し、新たに秩父市となった。
荒川村・ 2005年、秩父市・吉田町・大滝村と合併し、新たに秩父市となった。
東秩父村・ 埼玉県内で唯一の村で、外秩父山地などの山々に囲まれ、古くから「和紙の町」として知られ、「細川紙」の産地である。
児玉郡美里町・ 県の北西部に位置し人口は約1万2千人の町。自然に恵まれ、ブルーベリーなどの観光果樹園が各地にある。また、同一市外局番の地域との通話は市内通話料金で利用できる。
児玉町・ 2006年本庄市と合併し、新たに本庄市となったことに伴い消滅する。
神川町神泉村・ 2006年、神川町と合併し消滅、城峯公園の冬桜でよく知られていた。
上里町・ 埼玉県の最北端の町で、群馬県との県境にあり、町の南東部には大規模な工業団地がある。社団法人 オール電化普及支援協会、日本中央バス、日産化学工業などの企業を誘致している。
大里町・ 2005年、大里郡妻沼町と合併し、新しい熊谷市の一部となったため消滅した。
江南町・ 2007年、熊谷市に編入合併した。
妻沼町・ 2005年、大里郡大里町と合併し熊谷市の一部となったため消滅した。
岡部町・ 2006年、花園町、川本町と合併し、深谷市となった。
川本町・ 2006年、岡部町、花園町と合併し、深谷市となった。
花園町・ 2006年、岡部町、川本町と合併し、深谷市となった。
大里郡寄居町・ 大里郡唯一の自治体で、長瀞のすぐ下流に位置し、古くは秩父往還の街道筋にあり、宿場町として栄え、街の対岸にはかつて鉢形城があり、その城下町でもあった。
北埼玉郡騎西町・ 2010年、北埼玉郡北川辺町・大利根町と合併し、新たに加須市となる。
南河原村・ 2006年、行田市に編入したため消滅した。
川里町・ 2005年、鴻巣市に編入され消滅した。
北川辺町・ 2010年、大利根町・北埼玉郡騎西町と合併、加須市となった。
大利根町・ 2010年、加須市、北埼玉郡騎西町、北埼玉郡北川辺町と合併し消滅。
南埼玉郡宮代町・ 南埼玉郡唯一の町であり、日光線が東武動物公園駅を起点として、日光方面へと走り、町中央部には東武動物公園や日本工業大学がある。
白岡町・ 2010年、市制変更で白岡市となる。
菖蒲町・ 2010年、久喜市、北葛飾郡栗橋町、鷲宮町との合併により、久喜市が発足。菖蒲城趾には花菖蒲の咲く「城趾あやめ園」がある。
北葛飾郡栗橋町・ 日光街道の宿場町、2010年、久喜市、南埼玉郡菖蒲町及び北葛飾郡鷲宮町との合併により消滅。なお、「栗橋城址」とされる史跡の一部は栗橋町側にも及んでいた。
鷲宮町・ 2010年、久喜市、南埼玉郡菖蒲町、北葛飾郡栗橋町と合併して消滅。関東最古の「鷲宮神社」の鳥居前町である。
杉戸町・ 県内で最も人口の多い町である。2004年をはじめ何度も近隣の市と合併を問う住民投票を実施するが、「反対」が上回り結局合併協議は休止されることとなった。
庄和町 2005年、春日部市と合併し消滅した。大凧揚げが有名である。
さいたま市 2001年、浦和市・大宮市・与野市の3市の合併により成立し、2005年には岩槻市も編入した。 2015年現在、日本で9番目に人口が多い市となった。
神奈川県
神奈川県 関東の南西側に位置している県。人口は東京に次いで2位、人口密度は3位、政令指定都市の数が3つもあり、国内最多の数である。横浜や横須賀などは若者からの人気も高いおしゃれな町として知られている。相模湾に面しており、海の街としての印象も強く、海水浴やマリンスポーツに訪れる人も多い。また寺社仏閣も多く作られており、観光スポットとしての人気も高い。
愛川町・ 愛甲郡の町、養蚕、製糸・撚糸などの軽工業、宮大工などの出稼ぎ職人の本貫として知られていた。
厚木市・ 多くの山間部や農業地帯を有し、大山方面登山への入口で、市内には複数の温泉地がある。
綾瀬市・ 県内では最も新しい市であり、市内の18%強が在日米軍と海上自衛隊の厚木基地がある。
伊勢原市・ 昔は、農村地帯であったが、1960年代後半から宅地開発が進み、今ではベッドタウンとしての側面が強い。一方、稲作、果樹作、酪農などは県内では盛んなほうである。
海老名市・ 相模国分寺跡等を有する歴史の街であり、農業緑地と都市住宅が共存している市でもある。
大磯町・ 温暖な気候により保養地として注目され、ドイツ人医師ベルツにより紹介されていた海水浴の適地を探していた軍により海水浴場として開かれた。
大井町・ 足柄上郡にあり、町の西端を酒匂川が流れる。人口は、約18,000人である。東名高速道路の大井松田インターチェンジや御殿場線松田駅・小田急小田原線新松田駅などとも近い。このため近年、東京との交通利便性から企業の進出もある。
小田原市・ 北条五代の隆盛を影で支えたという風魔忍者の里。江戸時代には東海道小田原宿の宿場町として盛えた。箱根峠より東側の宿場町として、現在も箱根観光の拠点都市である。
開成町・ 東日本にある町の中で最小面積であって、町名の由来は、現、開成町に開校した「開成学校」から取られたものである。
鎌倉市・ 源頼朝が鎌倉幕府を置いて武家政権を成立させた。古くから歴史の中心であり多くの旧跡、古寺等を持ち一大観光地として人気である、
清川村・ ダム所在交付金があることから財政状態は健全で、。2003年度以降、地方交付税の不交付団体となっている。
座間市・ 古東海道が通り、宿駅「いさま」の駅があった。これが地名「座間」の発祥とされている。
寒川町・ バブル景気崩壊後、市の基幹産業である自動車産業も不景気の煽りで日産自動車工場などが撤退したことから、税収入の低下を招き、市の財政状況が悪化した。
逗子市・ 県内の市ではもっとも高齢化率が高い。地名の由来は弘法大師・空海が延命寺に厨子を建立したことによる。
茅ヶ崎市・ 人口は平成25年度現在、約23万6千人である。気候は温暖、太平洋に面しているため、夏は高温になりにくく、冬は暖かい。そのため東京、横浜のベッドタウンとして人気があり、人口は一貫して増え続けている。マリンスポーツの盛んな地域の為、海沿いにかけてサーフショップが多い。
中井町・ 酪農が盛んであり、町の農業生産の4割以上を占める。関東大震災によるがけ崩れで川が堰き止められ震生湖ができた。震生湖という名はこれに由来する。湖の震災の調査に訪れた寺田寅彦の句碑がある。
二宮町・ 中郡に属している。海岸線と平行するように西湘バイパスと東海道本線が東西に横断する。北部はなだらかな丘陵地が東西に伸びており、この間を小田原厚木道路が通っている。
箱根町・ 古くからの温泉町で有名。また、関所が置かれた地でもあり、大学駅伝競走は長い歴史を持ち、数々の名勝負を生んだ正月の恒例行事である。
秦野市・ 丹沢の麓に位置し、市域の半分は山林である。平将門を討伐した藤原秀郷の子孫・佐伯経範が1030年ごろ秦野に移り住んで波多野氏を名乗り以来その名を使用、漢字を変えて現在に至る。。
葉山町・ 三浦半島西部に位置する町で、三浦郡に属する唯一の自治体となっている。日本のヨットレース発祥の地?であり、葉山マリーナなどのマリンスポーツ施設が多い。森戸、一色、長者ヶ崎の海岸は首都圏有数の海水浴場で、江ノ島はもちろん天城山脈など伊豆半島の山々、遠くは富士山まで望める。別荘地として海岸沿いには有名人、著名人の自宅や別荘などが多くある。
平塚市・ 1945年7月16日 - 平塚大空襲。軍需工場の密集する平塚市は、当時の市域面積の約8割を焼失、死者237名、罹災戸数7,678戸の大被害を受ける。このとき落とされた爆弾の数は、東京都八王子についで第二位となった。なお七夕まつりは平塚大空襲の復興祭りが起源とされ、集客数は約300万人であり、全国一位である。
藤沢市・ 湘南と呼ばれる地域の中で、最大の人口を有する、産業・文教都市で、有名な江の島・片瀬・鵠沼・辻堂海岸を有し観光都市としての性格も併せ持つ中心都市。
松田町・ 丹沢登山の主要な出発点のひとつとなっており、町内を流れる酒匂川、川音川、中津川は鮎、山女魚、虹鱒等の釣り地として知られる。
真鶴町・ 真鶴半島とその周辺にある町で、古くから上質の石材とされる小松石の産地である。細長い形をしていて、小田原市と湯河原町に挟まれている。真鶴半島は、溶岩台地であり、先端は真鶴岬で、岬の先の海上に三つ岩を望む。県立自然公園に指定されている。全般に起伏が多く平地が少なく、北西に真鶴駅、南東に真鶴港がある。海岸沿いの丘陵はミカンの栽培が盛んである。
三浦市・ 三方を海に囲まれ、西は相模湾、東は浦賀水道、南は太平洋に面し、南には城ヶ島が浮かぶ。三浦半島最南端に位置する市である。
南足柄市・ 県で最も人口の少ない市である。狩川を中心に市街地が広がり、北は丹沢山地がそびえ、相模湾から温暖な海風が吹き込むため、年間を通し温暖な地域である。水に恵まれていて、「水の郷百選」にも選ばれており、富士フイルム、アサヒビールなど大手企業の工場が立地しているため、財政は豊かである。
山北町・ 山梨県・静岡県と接し、町域の大半は丹沢山地であり、丹沢大山国定公園に指定されており、町のほぼ中央には丹沢湖がある。
大和市 鉄道は相鉄本線、小田急江ノ島線、東急田園都市線が乗入れ、8駅がある。このため、市内のどこからも最寄り駅まで約15分前後で行ける。ただ東名高速道路が通っているが、当市域内にはインターチェンジが無いのである。
湯河原町 湯河原温泉で有名。古くから文豪、画家など多くの作家が逗留した。湯河原火山が、浸食されて作られた地形が多い。真鶴町と接する緩やかな山麓部があり住宅地とミカン畑が混在する。南部は千歳川沿いに温泉街が集まる。海岸線には700mほどの砂浜海岸があり、夏には海水浴客でにぎわう。
横須賀市 三浦半島に位置する都市である。東京湾と相模湾に面する国際港湾都市。国防の拠点とされ、大日本帝国海軍横須賀鎮守府を擁する軍港都市として栄えた。現在もアメリカ海軍第7艦隊横須賀海軍施設および海上自衛隊自衛艦隊・横須賀地方隊および陸上自衛隊武山駐屯地・久里浜駐屯地などの基地が置かれている。
横浜市 県庁所在地。政令指定都市の一つであり、18区の行政区を持つ。市制施行時の人口は約12万人だったが、現在では約370万人となった。
川崎市 政令指定都市の中では最も面積が小さいが、人口は非都道府県庁所在地の市の中では最大である。
相模原市 2010年、政令指定都市に決定。これにより、神奈川県は全国で唯一の3つの政令指定都市を持つ都道府県となる。2006年以降には藤野町、津久井町、城山町などの町が編入されている。

Copyright 2016 遺品整理のえんでんと